土地も資産になる

購入した分譲マンションも資産になりますが、一戸建て住宅も同じように資産となります。しかも、資産価値ということを考えた場合、マンションよりも一戸建て住宅のほうが優れているといえるのです。

一戸建ての木造住宅は、年月が経つにつれて劣化も進んでいきます。常に外気の影響を受ける外壁や屋根はもちろん、少しずつ躯体内部も劣化が進んでいくのです。劣化が進んでしまうと建物の資産価値は低くなり、売りたいと思っても簡単に売れません。仮に売れたとしてもかなり安く買い叩かれてしまうこともあるでしょう。ただ、一戸建て住宅の場合は土地とワンセットです。土地の価値は下がりにくいため、資産価値を考えた場合にはマンションよりも優れているといえるのです。

建物に比べて土地の価値は下がりにくい特徴があります。土地に劣化という概念はないので、そうそう大幅に土地の価値が下がることはありません。価値が下がりにくいということは、将来売却したくなったときに有利ということです。建物と土地をまとめて売る場合、建物にほとんど価値がなくなっていたとしても、土地の価値が高ければ納得いく額で売却できるかもしれません。これも一戸建て住宅ならではの魅力といえるでしょう。

Copyright © 一戸建て住宅の魅力とは, All rights reserved.